マーケティング戦略分析ツール

マーケティング戦略分析ツール

By Satoshi Sato

  • Category: Business
  • Release Date: 2019-09-23
  • Current Version: 1.0
  • Adult Rating: 4+
  • File Size: 3.17 MB
  • Developer: Satoshi Sato
  • Compatibility: Requires iOS 12.4 or later.

マーケティング戦略分析ツール Description

世界のマーケティングのトレンドは、すべてコンテンツマーケティングに向かっているといっても過言ではない。とも言われています。 また、デジタル・マーケティングの今を理解するのに欠かせない「アドフラウド」「マイクロ・インフルエンサー」など最新トレンドのキーワードが飛び交うマーケティング世界。 このアプリは、マーケティングに関するコンサルタントや、事業会社でマーケティンクを担当するコアチームが、タイムリーに、頻繁に、その戦略を策定、チューニングするお仕事を効率よくお手伝いするツールです。 マーケティング戦略分析ツールとして、7種類採用しています。 アプリは、商品・サービスごとに複数の分析ツールの結果を保存しますが、商品・サービスをDeleteすると、その商品・サービスの複数の分析内容もDeleteされますのでご注意ください。 4C - 顧客の視点で考えていく、Customer Value=顧客価値、Cost=顧客の費用・負担、Convenience = 顧客の利便性、Communication=顧客対話という4つのCを分析する手法です。 3C - 3C分析の目的は、市場・顧客、競合、自社の3つの観点からビジネスのKSF(Key Success Factor:成功要因)を見つける SWOT - 内的環境 (資源(リソース)、顧客サービス(コンテンツ)、販売・マーケティング、技術・ノウハウ、システム、インフラ、マネージメント、価格、輸送時間、方法(チャネル)、ブランド力、人材・組織、設備・資産、企業理念・企業風土や文化に関する) の要因である自社の強み=Strengthと、弱みの部分=Weakness、そして外的環境要因 (政治・法令、市場トレンド、経済状況、株主の期待、科学技術、公衆の期待、競合他社の行為) である機会=Opportunityと、脅威=Threatsに分けて分析していく STP - STPマーケティングとは、効果的に市場を開拓するためのマーケティング手法。マーケティングの目的である、自社が誰に対してどのような価値を提供するのかを明確にするための要素、「セグメンテーション」「ターゲティング」「ポジショニング」の3つの頭文字をとっている。フィリップ・コトラーの提唱した、マーケティングの代表的な手法の一つ。 PEST - PEST分析は、「Politics(政治)、Economy(経済)、Society(社会)、Technology(技術)」の観点から、中長期的な将来、概ね3~5年後の世の中のマクロトレンドついて仮説を立てるマーケティングマクロ環境分析です。結果として、自社のToBeModelが見えてくる。 4P - 4P分析とは、どんな製品(Product)を、いくら(Price)で、どこで(Place)、どのように(Promotion)して売るかといったマーケティングにおける4つの視点を組み合わせた企業戦略を策定するための分析手法 Business Model Canvas - ビジネス モデル キャンバスは、新規開発や既存ビジネス モデルを文書化するための経営戦略と無駄のないテンプレートです。 その内容は、以下の9つの要素から構成されます。 1. Customer Segments(顧客セグメント):対象となる顧客集団の属性。 2. Value Propositions(提供価値):事業の存在価値となる、顧客に提供する価値。 3. Channels(チャネル/販路):顧客に価値を届けるためのルート、告知手段、取組内容。 4. Customer Relationships(顧客との関係):顧客との接点、関係維持、展開の手段。 5. Revenue Streams(収益の流れ):課金の流れ、支払い方法、売上額、単回収入or継続収入など、収益構造を構成する要素。 6. Key Resources(主要な資源):事業を行う上で強みとなる資源。 (設備、ネットワーク、知的財産など) 7. Key Activities(主要な活動):事業における主要な活動。 8. Key Partners(主要パートナー):事業を運営する上で連携するサプライヤーや代理店など。 9. Cost Structure(コスト構造):事業を運営する上で要する、広告費や人件費、アウトソース費用等の経費。 アプリは、商品・サービスごとに、7種類の分析が行え、同僚またはクライアントとそのアウトプットを共有できます。 アイデア、そのスピードと仕事の効率が生命線のマーケティングの世界、アプリで時と場所を選ばす、アイデアが出た時が、仕事の時間ですので、ぜひ、ご 活用ください。

マーケティング戦略分析ツール Screenshots

ScreenshotScreenshotScreenshotScreenshotScreenshotScreenshotScreenshotScreenshotScreenshot

Comments

keyboard_arrow_up